太腿で差をつけろ!この筋肉は半端ない!

筋肉は大きな筋肉を鍛えると、全体の筋肉量が
増えるので、脂肪燃焼が活発化します。

 

上半身より、下半身の方が身体に占める
筋肉量は多いので、本来は下半身の筋トレを
重要視すべきですが、やはり見た目でいえば
上半身の逞しさに、目が行ってしまうのが
事実かもしれません。

さて、その下半身強化に欠かせないのが
この「レッグエクステンション」です。

主に大腿四頭筋という「太腿」を
鍛えてくれます。

両足をバーの下の入れ足首に引っ掛けるような
形で、太腿を水平になるまで上げます。

 

ポイントは最初の姿勢と位置です。
お尻と背中を、椅子にしっかりつけ
両サイドにあるバーを握り太腿を

引き締めるイメージで、持ち上げます。

 

この時、反動で上げず、足の力で持ち上げ
水平になった所で1度、静止すると
かなり負荷を感じることができ、効果があります。

8~12レップスを目安にすると
いいでしょう。

詳しくはこちらの動画をどうぞ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

私でも出来るの?初心者が逆三角形の上半身を作る

50代でも腹筋は割れる!「腹筋」を鍛えるマシンは?

夏に向けて「腹筋」をつけたい!

中高年の初心者がまず最初にやっておきたい「脚トレ」

筋肉と体脂肪の関係

初心者が取り組む「肩トレ」