筋トレとストレスの関係

筋トレをするとストレスが解消される?

「筋トレをするとストレスが解消される」

このように言われる事がありますが、これは一体

どういう事でしょう?

 

確かに、仲間や友人と好きなスポーツ、例えば

サッカーやテニス、野球やゴルフもそうですが、

みんなとやれば楽しいし、ストレス発散をした気分に

なるのは、貴方も経験した事があるはずです。

 

ただ、ゴルフの場合はスコアによっては余計に

ストレスが増えたり、勝ち負けがあればそれなりに悔しくて

ストレスになる場合もあるかもしれません。

 

でも、基本的には運動することで「ストレス」は

かなり解消されるようです。

何故なのでしょう?

ストレスの本来の形

「ストレス」というと本来、精神的なもので仕事や職場での

人間関係、家庭、家族の問題、また自分自身の問題やら悩み

などその解決方法を模索したり、あれこれ考えて失敗したら

どうしよう?そんな思考から生まれるパターンが多いはずです。

勿論、人によってそのストレスは感じ方も度合いも違いますが

似たようなストレスを抱えている人は多いでしょう。

 

本来「ストレスを感じる」というのは、人間が恐怖や驚異と

対峙した時に、自分の身を守る為に、脳が警戒体制に入り、

その時に起きる一種の嫌悪感を言います。

人間は、目の前に外敵(自分の安全を脅かす)が現れた時に

取る行動は「戦う」か「逃げる」の2選択しかありません。

 

どちらも、肉体を酷使します。

もし上記の場面に遭遇したら、ストレスは肉体を使う為の準備を始めます。

「アドレナリン」などのホルモンが体中を駆け巡る訳です。

 

ストレス反応は、闘争や逃走という行動を起こすきっかけ

になり、その為の燃料になるという事です。

 

これを運動に置き換えれば、運動することでストレス

という燃料を消費出来る、という事になります。

筋トレとストレス

現代社会では、目の前にいきなり生命の危険を感じる

ような驚異や動物が、現れる事もありませんし、その場

から逃げなければいけないような場面には遭遇しません。

 

その変わり、前途したように日々の日常生活の中で

様々なストレスを感じて生きています。

 

そのストレスを「筋トレ」を行うことで、消費して

いけば、溜まる事はありません。

 

ストレスを感じると、筋肉は緊張状態に陥るそうです。

「筋トレ」するとこの緊張を緩和、そしてほぐす事が出来ます。

当然、ストレス反応が弱くなり、弊害を引き起こす事が無くなります。

 

「筋トレ」をすれば、何らかの達成感、充実感、やりきったという

満足感などいろんなプラスの感情が湧きます。

 

素直に気持ちいいものです。

考え方や行動が、間違いなく「アグレッシブ」に

なります。

仕事や私生活においても、必ず変化が表れます。

 

もし、筋トレをやろうかどうか迷っているので

あれば、まず一度身体を動かしてみて下さい。

 

最初はキツイですが、その後に得られるあの

気持ちは格別だと思います。

 

「筋トレ」がもたらす効果、効能については

また別の機会にお話しいたします。

 

 

では、また!

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中高年者が筋トレを始める前の心構え

中高年の筋トレで気を付けること。

「もう筋トレはやめた!」と思った時はどうすればいい?

中高年が筋トレにかける時間

中高年の筋トレに必要なモチベーション

筋トレを続けるコツ